今日の花 グラジオラス、ストック、カスミソウ、アルストロメリア

January 14, 2017

 

 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いいたします。

 

 私は、例年通り、新年を千葉の夫の家で迎えました。非常に暖かく、そして、乾燥しており、お洗濯ものがよく乾くのですが、唇も肌もカサカサ・・・。富山にいると意識しない静電気も、洋服がまとわりついたり、バチッといったり。富山の女性の肌がきれいなのは、多湿による恩恵なのかなぁって思いました。

 

 年末年始、積読(つんどく)しておいた山崎豊子の「花のれん」と「花紋」という本を読みました。

 この2冊は、関西が舞台で、大正・昭和を舞台とし、前者は、船場の御寮人から興行座のオーナーになった女性を、後者は、河内長野の大地主の娘で、伝説の歌人となった女性を描いています。 

 山崎豊子の本は、ノンフィクションな事実を、緻密な取材をもとにフィクションとして描くものが有名です。でも、この2冊は、もともと大阪船場出身の彼女が、一人の女性の生涯を描いており、主人公には、どこかで、彼女自身の性格や生き様が反映されているのかな、と思ったりしながら読みました。
 関西弁で書かれた彼女の本、まだ読んでないのが、あるんです・・・。そのうち読まなくちゃ、と思いつつ、また積読。

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Search By Tags
Please reload

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square