今日の花 バラ、リンドウ、スターチス

October 18, 2015

 

 

 久坂部羊さんの小説がダブルでドラマ化されていますね。「破裂」も「無痛」も以前読んだことがあり、リアルで緻密な文章にハマってしまったことを思い出しました。読んだことがない「エンブリオ」という小説を図書館で見つけ、その後「臓器農場」を今読んでいます。わ~、タイトルからして怖いですよね・・・。彼の小説は、最後まで、あまり救いがありません。エンブリオもやっぱりそうでした。理解の仕方によっては、そうではないのかもしれないのですが・・・、どなたか教えてください。

 寝る前に読むと怖いので、一緒に宮本輝の「朝の歓び(上・下)」も借りてきました。(笑)高校生以来の宮本輝さんの小説です。図書館は、気軽にいろんな本に出会えてうれしいです!

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Search By Tags